医師面談に行ってきました

更新日: 2021.02.12

私は、交通事故の被害に遭われた方から依頼を受け、被害者の方に代わって主に保険会社との示談交渉を行っています。

先日、依頼を受けた交通事故案件に関して、被害者の方が通院していた病院の医師との面談に行ってきました。

残念ながら、交通事故の被害者の方の中には、治療をしたけれども後遺症が残ってしまう方がいらっしゃいます。後遺症が残った場合、この後遺症に対する補償を受けるためには後遺障害の等級認定という手続を採り、残った症状が障害にあたると認定されなければなりません。

この方は、後遺障害の等級認定手続をしましたが、残念ながら後遺障害には該当しないという結果でした。
今回医師面談を行ったのは、被害者の方が訴えている症状が検査結果から判明するものかどうか、この方の怪我からそのような症状が発生するものかどうか(症状発生のメカニズム)を窺う必要があったからです。
医師面談を行ったところ、担当の医師から、検査の内容、この検査がどういった症状を明らかにするために行われるものか、具体的な検査結果からどのような症状が発生していることがうかがわれるか、どの部分が傷つくとこのような症状が発生するのか等、医学文献等を見せて頂きながら丁寧に説明していただきました。
そのうえで、後遺障害の等級認定の手続に添付する書類を記載していただけることになりました。

医師も多忙な方が多く、診療時間後の時間を割いて面談をしていただいています。そのためか、今回のように十分な時間を割いていただいて説明をしてくれる医師はなかなかいません。
また、話を伺っても、症状の医学的な説明ができないと話されることも多く、医師面談が功を奏さないケースもあります。
しかし、今回のように丁寧に説明してくださる医師がいる限り、弁護士にとって医学的に複雑な事案については、できる限り医師から直接話を伺うことが、適切な賠償を得るための第一歩であると、改めて実感しました。(執筆者:弁護士 金子 周平)

よく読まれているコラム

ご相談は無料です。お気軽にご相談ください! 0120-300-700 【受付時間】9:30~21:00 土日祝日は予約制です。お問い合わせ月~金 9:30~21:00
土 9:30~18:00 日祝ご予約制